トレンド

気になったものを紹介するブログです

日本版GPS|ドローン衝突防止33年度までに飛行管制システム導入

今後、物流・農業などにドローン活用が増えることが予想されている。安全管理システムを構築しないまま、ドローンが増えれば衝突事故が起こる危険性が高くなる。そうならないために政府が日本版GPS(衛星利用測位システム)と呼ばれる準天頂衛星を使った飛行管制システムを33年度までに導入する方針を示した。

もし、順調に導入されることになると、測位制度の誤差が、現在の5~10メートルから、最小6センチに縮められるらしい。

29年度予算案にはドローン性能の評価基準の策定などと合わせ「社会実装に向けたシステムの開発」として、33億円を盛り込んでいる。

今後、これに関連する話題が取り上げられたら随時更新していきます。